プラズマ

乳酸菌を殺菌するとは?

乳酸菌はとても体に良いものですが、よくヨーグルト等に殺菌と書かれている表示があります。
乳酸菌は殺してしまっても良いものなのでしょうか。
せっかく体に良い乳酸菌を殺してしまっては、ちゃんと腸内に届くかという疑問があるのはよく分かります。
これでは乳酸菌を取る意味がないのではないかと言う疑問も感じますし、パッケージには生きたまま腸まで届くのだとあるので矛盾すら感じますね。

しかしなぜ殺菌するのかといいますと、ヨーグルトを作る工程でもこの殺菌処理は必要なものだからです。
不必要な雑菌を殺すためにあるものですから、殺菌しても乳酸菌の効果には問題がないと考えるとわかりやすいでしょう。
それから市販で販売されてるヨーグルトには、ある程度美味しさを保つようになっているのを見たことがあると思いますが、これは殺菌されているからなのです。
つまり乳酸菌はなくならず、そのまま食べてもしっかり腸内に届くと言うように考えてください。

逆に殺菌をしないで余計な菌が体内に入ってきても困るわけですし、殺菌処理というのは非常に重要な工程なのでこれを避けるわけにはいかないのです。
このように殺菌と書かれていても体内に入る乳酸菌には、問題がなく雑菌が処理されてると言うように考えてヨーグルトは毎日食べるようにすると良いですね。