プラズマ

乳酸菌の殺菌の方法に関して

乳酸菌は熱に弱いので殺菌は非常に簡単で誰にでもできる方法があるので、説明したいと思います。
よく手についた菌等を殺菌するためにアルコール消毒などと言ってスーパーにもよく置いてあるのを見かけると思います。
これを3回プッシュしてすり合わせることで手についた菌を殺すことができるのです。

そしてカビなどの胞子を作るタイプというのは非常に強く、高熱の温度にさらしても死なないのがお風呂などに生えるカビ菌と言われていますよね。
このカビ菌と乳酸菌は菌は菌でも全く効果が違うものですから、乳酸菌を殺菌するにはある程度の温度が必要なのです。
そして乳酸菌と言うのはデリケートなものですから、50℃から60℃位の菌では20分から30分位の間には確実に死滅してしまうのです。

また殺菌方法として1番効果的と言われているのは、熱湯をかけて菌を殺してしまう方法ですが、熱いお湯の中に菌を入れてしまえば確実に死滅します。
ですから乳酸菌を死滅させるには、熱いお湯に入れるのが1番確実でしょう。
このように乳酸菌を殺菌するのは簡単ですから、殺菌にそこまで難しく考える事はありませんのでシンプルに殺菌しましょう。
乳酸菌を殺菌したいときにはやかんにお湯をかけて、ぐらぐらと煮えたぎるようなお湯をかけるのが1番効果的ではないかと思います。