プラズマ

乳酸菌の耐熱温度を分析

乳酸菌というのは非常に熱に弱く、寒さには強いと言う面白い特性があるのです。
乳酸菌は腸内まで生きて届くタイプが1番理想的でベストなのですが、中には熱に弱いタイプで摂取してもいで溶けて成分として働かない場合もあるのです。
しかし、最近では研究の成果もあって生きて腸まで届いてくれるR1乳酸菌やプラズマ乳酸菌等と言って新しい菌が続々開発されています。

これら乳酸菌はヨーグルト等と一緒に取ることができて、毎日取るのが理想的ですね。
また乳酸菌の耐熱温度の事なのですが、大抵は50℃から60℃で30分位で死滅すると考えれば非常に簡単で覚えやすいです。
そして100℃位にこれらを入れると数秒で死滅するので早く殺菌したいときにはこの方法が1番ベストです。

さらにこれらは弱くても寒い場所には非常に強い特性がありますので、冷凍庫に入れた位ではなかなか死滅しないのが乳酸菌です。
例えば一時期フローズンヨーグルトなどと、ヨーグルトを凍らすことが有名になりましたが、乳酸菌を殺した状態で食べても大丈夫なのです。
常温でこれらは生き返りますのでアイスとしてヨーグルトを食べたい時などには、お勧めの方法だったようですね。
このように乳酸菌はある程度の熱までは耐えられる力がありますので、温めても凍らせても乳酸菌の効果を得られると覚えておくと良いでしょう。